第31回ピアノ発表会プログラム

ショパンピアノ教室 第31回ピアノ発表会

2014年7月20日(日曜)
午後6時00分開場 午後6時20分開演
麻生市民館大ホール(小田急線新百合ヶ丘駅下車徒歩3分)

生徒さんの日頃の練習の成果を発表いたします。
教室の卒業生やゲストを加えたアトラクション演奏もございます。
笛の仲林利恵さん、パーカッションの吉口 克彰さんをお迎えしての「リベルタンゴ」(ピアノ、尺八、笛、パーカッション)合奏やジャズピアノトリオの演奏など、お楽しみに。皆様、お誘い合わせの上ご来場下さい。お待ちしております。

(クリックするとプログラム(pdfファイル)を開きます)

プログラム

プログラム


プログラム裏表紙

プログラム裏表紙


プログラム(pdfファイル82KB) 6/24改版
ゲスト紹介
仲林 利恵
(なかばやし りえ) 
篠笛、能管、箏の演奏家。日本の伝統音楽を初め、西洋、インドの楽器など、様々な分野の演奏家と共演し、積極的にコンサート活動を行っている。

吉口 克彰
(よしぐち かつあき)
パーカッショニスト。自らの創作楽器「琉水鉦」をはじめ、各種打楽器類を用いて、邦楽、インド・アラブ音楽、フラメンコ等、様々なアーティストと共演し、演奏活動を行っている。

ご来場者全員に小物プレゼントをご用意しています。

ただ今、生徒さんを募集しています。
連絡先 佐藤眞理子 〒215-0023 川崎市麻生区片平4-24-8
TEL 044-989-0758
ショパンピアノ教室ブログ

カテゴリー: 未分類
2 comments on “第31回ピアノ発表会プログラム
  1. 斉藤日出樹 より:

    佐藤真理子 様
    ショパンピアノ教室 第31回発表会 お招きいただきありがとうございました 遅れての会場入りでしたが モリノホールでの緊張がこのピアノ発表会場で解き放たれて行く快感を覚えました いつ見ても、微笑ましい舞台ですね 高学年の生徒さん(特に29番・30番)の演奏はさすがでした 音の先端までの気遣いを感じました 孫達もやればいいのに・・・馬鹿なことを考えていました やはり「リベルタンゴ」が良かったです 笛も尺八も難しそう・・・素敵な演奏でした(リベルタンゴって)?・・そうだ ヨーヨーマだ ヨーヨーマのチェロで聴いた曲だ・・電車に揺られながら 1人合点しニンマリとする馬鹿な爺さんになっていました(私はヨーヨーマの奏でる感性豊かな演奏が好きです) 御盛会おめでとうございました 次回も楽しみにしています。
    ありがとうございました      斉藤日出樹

  2. Hiro より:

    ご来場、ありがとうございました。来年も、趣向を凝らしてやってみたいと思います。コメント承認が大変遅くなり失礼いたしました(次から承認なしでコメントできます)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

合奏 情熱大陸, 君をのせて


ブエノスアイレスの冬

Heart

リベルタンゴ

最近の投稿